オメガの「スピードマスター」にコレクション誕生

オメガが 2022 年にお届けする最初のニュースは、新作「スピードマスター キャリバー321 カノープスゴールド™」。ヴィンテージ調のディテールと 18K カノープスゴールド™ の美しいデザインが特徴的なタイムピースです。

この伝説的なこのコレクションが 1957 年に初めて発表された時、クロノグラフ時計製造のあり方が永遠に変わりました。プロのレーシングドライバーのために作られたこの時計は完璧な視認性と使いやすさを備えており、世界で初めてダイアルではなくベゼルにタキメータースケールを搭載しました。この機能はサーキットで平均速度を計るのに理想的なだけでなく、頑丈で高精度、そして防水性に優れたデザインに大きく寄与するものでした。

CK2915-1 として知られる初代スピードマスターからインスピレーションを受けて開発された今回のタイムピースは、コレクション誕生 65 周年の記念モデルです。38.6mm のケースはユニークな 18K カノープスゴールド™製で、この素材は高い輝度と白さ、そして耐久性という特性を持つオメガ独自のホワイトゴールド合金です。時計愛好家の方なら、このモデルのリュウズにデザインされているナイアードのマークにも気づかれることでしょう。これは防水性を表すものであり、初代 CK2915 のいくつかのモデルに実際にデザインされていたものです。

ダイアルはブラックオニキス製で、初代 CK2915 のモデルの象徴であるヴィンテージのオメガロゴと楕円形の “O”が配されています。また、カノープスゴールド™のPVD 加工を施した 18K ホワイトゴールド製の針とインデックス、そしてスモールセコンド/30 分積算計/12 時間積算計のクラシックなスピードマスターの 3 つのサブダイアルや、センタークロノグラフ機能も備えています。もちろん、有名なタキメータースケールも搭載しています。ベゼルに描かれたタキメータースケールはブラックの”グランフー”エナメルによるもので、さらに目を凝らすと、初代スピードマスターの特徴の中でも特にコレクターが愛する 2 つのディテール — ドット・オーバー90(DON)とドット・ダイアゴナル・トゥ 70 も見て取れます。

数ある特徴の中でも最も注目を集めるのは、時計内部に搭載されているあの有名なムーブメント — キャリバー321 でしょう。これは、1957 年にスピードマスターに搭載されたオリジナルのムーブメントです。またアポロ計画で着用された時計にもこのムーブメントが搭載されており、歴史的な 6 回の月面着陸のすべてに同行しました。2019 年以降、オメガはキャリバー321 の生産を再開し、当時のリアルな仕様を丁寧に再現しています。キャリバー321 は、今回のモデルにとって、スピードマスターの来歴や受け継がれた伝統が本物であるということをより強く意識させる大切な要素です。

時計を裏返すと、サファイアクリスタルガラスの内側にオメガのシーホースがエングレーブされているのがご覧いただけます。シーホースは 1957 年からスピードマスターに用いられてきたブランドの象徴ですが、今回は 65 周年のアニバーサリーにふさわしく、その目は貴重な宝石である煌めくブルーサファイアで彩られています。この「スピードマスター キャリバー 321 カノープスゴールド™」には、簡単にサイズ調節ができるコンフォートリリースシステムが付いた 18K カノープスゴールド™ 製ブレスレットが付属しています。また、スピードマスター65 周年を記念して、ローズウッドのような模様が施された特別な木製ボックスに収められていますが、このボックスの形やデザインは、1957 年当時、お客様が手に取ったであろうスピードマスターのオリジナルボックスにインスパイアされて製作されたものです。

【関連記事】:本日の最新ファションブランド

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s