ルイ・ヴィトンのハイジュエリー コレクション「ブレイヴァリー」、新たな4つのテーマからなる『第2章』を発表

創業者ルイ・ヴィトンの生誕200年に捧げる輝かしいオマージュとして、2021年に誕生したハイジュエリー コレクション「Bravery(ブレイヴァリー)」。そのチャプター2が讃えるのは、創業者の偉大なる才能の証であるトランクとそのアイコニックな特徴の数々──錠前、スタッズ、クラスプのタイムレスな魅力を、比類なきストーンを惜しみなく使い表現した20点のハイジュエリーです。ラグジュアリー ジュエリーいずれも洗練を極めたデザインのマスターピースであり、ハイジュエリーデザインの新たな表現手法へと道を切り拓きます。

「Bravery」のチャプター1は、創業者ルイが生まれ育ったジュラの村を14歳で離れ、パリまで徒歩で旅した、パイオニアスピリットに捧げる賛歌として製作されました。続くチャプター2がテーマにしたのは、ルイのクリエイティブな才能の果実です。独創性と先見性に恵まれた彼は、蓋が平らなトランクを考案することで旅の世界に革命をもたらしました。

メゾンのウォッチ & ファインジュエリーのアーティスティック・ディレクターを務めるフランチェスカ・アムフィテアトロフは、「本コレクションは、ルイの人生のメタファーです」と語ります。「2021年6月に発表されたチャプター1で、私たちはルイのパリまでの道のりにおけるさまざまな行程を描きました。そして今回は、彼のキャリアのハイライト──異彩を放つ特徴を持ったアイコニックなトランクの考案──を讃えることにしました。これは、ルイ・ヴィトンの新たなシグネチャーをハイジュエリーの世界に落とし込む、という試みなのです」。

そしてチャプター2を構成するのは、4つのテーマ──「ル・・ミュルティパン」、「ル・マニェティスム」、「ラ・ミニ・マル」、そして「カクテルリング」です。いずれのピース――ネックレス、リング、ブレスレット、イヤリング――も、1854年にルイ・ヴィトンが発明した著名なラゲージを讃える頌歌であり、それらの多くは色彩豊かなストーンで綴られています。

フランチェスカ・アムフィテアトロフは、エネルギッシュ、プレイフル、そしてカラフルなデザインを通して、メゾン創業者の並外れたパーソナリティに新たな光を当てました。デザインに命を吹き込んだのは卓越したサヴォアフェール(匠の技)を誇るパリのハイジュエリーアトリエであり、それを表現する手段となったのはメゾンが厳選した類い稀なカラーストーンとダイヤモンド。隅々にいたるまで生き生きとしてダイナミックな本コレクションが映し出すのは、マルチカラーのひねりを加えたメゾンのDNAとコードです。

【関連記事】:一番買う価値があるのものはここにある

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s